コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩永 裕吉 イワナガ ユウキチ

20世紀日本人名事典の解説

岩永 裕吉
イワナガ ユウキチ

大正・昭和期の新聞人 同盟通信社社長;貴院議員(勅選)。



生年
明治16(1883)年9月13日

没年
昭和14(1939)年9月2日

出生地
東京・神田駿河台

旧姓(旧名)
長与

学歴〔年〕
京都帝大法科〔明治42年〕卒

経歴
明治23年岩永家に養子入籍。43年高文合格、44年満鉄大連本社入社。大正6年満鉄を退社、鉄道院総裁後藤新平秘書官。7年退官して渡米、帰国後の9年「岩永通信」を発刊した。10年国際通信社に入り、12年専務、15年同社を発展させて日本新聞連合社を創立し専務理事。昭和11年同社と日本電報通信社を合併して同盟通信社を発足させ社長に就任。戦後、同盟解体。勅選貴族院議員

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone