岩淵(読み)いわぶち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩淵(静岡県)
いわぶち

静岡県富士市の一地区。富士川の西岸に位置する。江戸時代、東海道富士川の渡渉(としょう)の要地。江戸から37里目にあたる一里塚があり、県指定文化財となっている。甲州鰍沢(かじかざわ)との舟運で発展。幕府直轄地。かつては庵原(いはら)郡富士川町役場の所在地で、住宅地化している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩淵の関連情報