岩石・巖石(読み)がんせき

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐せき【岩石・巖石】

〘名〙 (「がんぜき」とも)
① 大きな石のかたまり。地核をおおっている地殻を構成する物質。一種または数種の鉱物が集合したもの。火成岩、堆積岩、変成岩に大別される。
色葉字類抄(1177‐81)「厳石〈略〉ガムゼキ」
※平家(13C前)一一「或時は峨々たる巖石に駿馬に鞭うって」 〔史記‐高祖本紀〕
② 干菓子の一種。
洒落本・吉原楊枝(1788)「がん石(ゼキ)もなかの月は口へかすがたまってあやまりやす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報