岩見沢[市](読み)いわみざわ

百科事典マイペディアの解説

岩見沢[市]【いわみざわ】

北海道中西部の市。1943年市制。空知総合振興局所在地。石狩平野の東縁部を占め,東に石狩炭田の諸炭鉱をひかえる農村と炭鉱の中心都市であったが,1974年市内最後の朝日炭鉱が閉山。函館本線,室蘭本線が通じる。1983年道央自動車道が開通,工業団地への企業誘致が進み,レクリエーション施設いわみざわ公園が完成した。緩斜面や自然堤防は早くから耕地となり,米を多産し,麦類,豆類,タマネギを産し,食品加工や醸造も行われる。2006年3月空知郡栗沢町,北村を編入。481.02km2。9万145人(2010)。
→関連項目空知[支庁]北海道教育大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわみざわ【岩見沢[市]】

北海道中央部,石狩平野の東縁部に位置する市。空知支庁の所在地。1943年市制。人口8万5125(1995)。函館本線が通じ,岩見沢駅で室蘭本線を分岐する。市域の東半部は夕張山地で,挟炭層を含み,市域内では朝日炭鉱が1974年まで操業していた。西半部は石狩平野の水田地帯で,中心市街は山地との境界近くに発達している。1882年手宮(小樽市)~幌内(三笠市)間の鉄道が全通して岩見沢駅が置かれ,91年歌志内,92年室蘭への鉄道が通ずると岩見沢駅は石炭輸送の中枢を占め,97年支庁設置により空知行政の中心地となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android