岩谷孔雀(読み)いわや くじゃく

美術人名辞典の解説

岩谷孔雀

俳人。本名貫二。慶大在学中より原月舟らと句作を始め「ホトトギス」に投句し虚子鳴雪等に師事。大正8年岩木躑躅らと「相樹」を発刊、選者となる。長谷川零余子の「枯野」に創刊参画し『春暁』を創刊、主宰。戦後は『木立鳥』『稲穂等』を主宰、前衛色を深めた。句集に『虎尾草』がある。昭和51年(1976)歿、89才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android