岩間 芳樹(読み)イワマ ヨシキ

20世紀日本人名事典の解説

岩間 芳樹
イワマ ヨシキ

昭和・平成期の脚本家 日本放送作家協会理事長。



生年
昭和4(1929)年10月31日

没年
平成11(1999)年6月13日

出生地
静岡県

出身地
福島県福島市

学歴〔年〕
早稲田大学文学部中退

主な受賞名〔年〕
福島県文学賞(戯曲 第5回)〔昭和27年〕「岩間芳樹ラジオドラマ選集」,芸術選奨放送部門大臣賞(第32回・昭56年度)「マリコ」,エミー賞国際優秀賞〔昭和58年〕「ビゴーを知っていますか」(NHK),民間放送連盟賞〔昭和58年〕「海からの声」(東北放送),ギャラクシー大賞〔昭和57年〕「ショパン・わが魂のポロネーズ」,芸術祭賞大賞〔昭和58年〕「上海幻影路」(TBS),日本アカデミー賞優秀作品賞〔昭和60年〕「植村直己物語」,放送文化基金賞〔昭和62年〕「炎の料理人・北大路魯山人」「童は見たり」,中国金虎賞〔平成2年〕「林檎の木の下で」,モンテカルロテレビ祭賞〔平成4年〕「冬の旅」,向田邦子賞(第12回)〔平成6年〕「定年・長い余白」,紫綬褒章〔平成7年〕

経歴
静岡県で生まれ、小学校5年の時に父の転勤で福島市へ。早大生当時の戦後まもない頃からラジオ放送の魅力にひかれ、ドラマの脚本を書き出した。ドキュメンタリーを得意とし、「天皇の世紀」「空白の900分―国鉄総裁怪死事件」「マリコ」などの社会派ドラマを次々と生み出す。58年夏、フランス全土に放送されて好評を博した日仏合作のテレビドラマ「ビゴーを知っていますか」の脚本も書き、エミー賞国際優秀賞受賞。晩年は中国、旧ソ連、ポーランド、旧西独などとの国際共同制作テレビドラマ、映画の脚本を多く書いた。他に映画「植村直己物語」「鉄道員」、「ショパン・わが魂のポロネーズ」「蝶の道」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

岩間 芳樹 (いわま よしき)

生年月日:1929年10月31日
昭和時代;平成時代の脚本家。日本放送作家協会理事長
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android