コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岳滅鬼峠(読み)がくめきとうげ

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県(大分県)〕岳滅鬼峠(がくめきとうげ)


福岡・大分県境、英彦(ひこ)山と岳滅鬼山の間に位置する峠。標高約920m。遠賀(おんが)川支流の彦山川の谷から大分県日田(ひた)市方面に越える古道で、英彦山修験(しゅげん)道の修行者が利用する信仰の道でもあった。耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園に属し、ハイキングコースにあたる。周辺にはツクシシャクナゲが群生。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる