コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸沢式佐(初代) きしざわ しきさ

1件 の用語解説(岸沢式佐(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸沢式佐(初代) きしざわ-しきさ

1730-1783 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
享保(きょうほう)15年生まれ。右和左古式部(うわさ-こしきぶ)の門人。明和5年初代佐々木市蔵没後,初代常磐津(ときわず)文字太夫の三味線をひき,式佐から2代古式部と改名。翌年立三味線となった。天明3年9月24日死去。54歳。作品に「善知鳥(うとう)」「荵売(しのぶうり)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岸沢式佐(初代)の関連キーワード桂川甫三天明の飢饉江村如圭前古典派音楽桂川甫筑義太夫節木室卯雲真如海唐来参和ボリーバル

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone