コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸沢式佐(4代) きしざわ しきさ

1件 の用語解説(岸沢式佐(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸沢式佐(4代) きしざわ-しきさ

1772-1822 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
安永元年生まれ。初代鳥羽屋里長(とばや-りちょう)に師事した後,2代岸沢式佐の門弟となり文蔵を名のる。文化4年4代を襲名し,3代が破門された後の岸沢派家元をつとめたが,文政5年5月京坂地方巡業の帰り,名古屋で客死した。51歳。作品に「源太」「梶原」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岸沢式佐(4代)の関連キーワード素浄瑠璃寄進浄瑠璃時代浄瑠璃世話浄瑠璃難波浄瑠璃床浄瑠璃江戸半太夫(5代)江戸半太夫(6代)かほ一豊竹八重太夫(4代)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone