コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸田彦右衛門 きしだ ひこえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸田彦右衛門 きしだ-ひこえもん

1822-1894 江戸後期-明治時代の農事改良家。
文政5年生まれ。大和茅原(ちはら)村(奈良県桜井市)の庄屋。中村直三(なおぞう)と協力して稲の品種改良につとめる。河内(かわち)(大阪府)からもちかえった「河内早稲(わせ)」をもとに,収量がおおく裏作もよくそだつ「ちわら早稲」をつくった。明治27年1月死去。73歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岸田彦右衛門の関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門宇田川榕菴日清戦争リーケの原理日清戦争国際オリンピック委員会ロシア映画[各個指定]芸能部門グラント

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android