峯村 光郎(読み)ミネムラ テルオ

20世紀日本人名事典の解説

峯村 光郎
ミネムラ テルオ

昭和期の労働法・経済法学者,法哲学者 慶大名誉教授。



生年
明治39(1906)年6月26日

没年
昭和53(1978)年2月18日

出身地
長野県

学歴〔年〕
慶応義塾大学法学部法律学科〔昭和5年〕卒業

学位〔年〕
法学博士〔昭和23年〕

経歴
慶応義塾大学助手、助教授を経て、昭和13年教授。定年退官後は国学院大学教授。この間、公労委会長、東京都人事委員、日本法哲学会理事長を歴任。主な著書に「経済法の基本問題」「経営秩序と団結活動」「労働法講義」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

峯村 光郎 (みねむら てるお)

生年月日:1906年6月26日
昭和時代の労働法・経済法学者;法哲学者。慶応義塾大学教授;国学院大学教授
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android