峰岸 徹(読み)ミネギシ トオル

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

峰岸 徹
ミネギシ トオル


職業
俳優

本名
峰岸 知夫(ミネギシ トモオ)

別名
別芸名=峰 健二,峰岸 隆之介

生年月日
昭和18年 7月17日

出生地
東京都 京橋区銀座(中央区)

学歴
暁星高〔昭和36年〕卒 日本大学芸術学部演劇科〔昭和39年〕中退,俳優座養成所(第16期生)〔昭和42年〕卒

経歴
日大在学中の昭和36年渡辺プロダクションに入る。37年峰健二の芸名で映画「高校生と女教師・非情の青春」でデビュー。日大中退後、俳優座養成所16期生となり、42年に卒業後、文学座研究生となる。43年大映と契約し、峰岸隆之介と改名して「講道館破門状」などに出演、新アクションスターとして人気を得る。45年文学座を退団。46年大映倒産でフリーに。50年峰岸徹と再び改名。シリアスからコミカルまで幅広い芸域を持つ俳優として活躍、「ねらわれた学園」「廃市」「天国にいちばん近い島」「さびしんぼう」など大林宣彦監督の映画の常連として知られ、同監督の「その日のまえに」(平成20年)が遺作となった。他の出演に舞台「天保12年のシェイクスピア」「ピーターパン」「マクベス」「バラのいれずみ」「隠れ菊」「濹東綺譚」「アニー」、映画「哀愁のサーキット」「サード」「冬の華」「スタア」「帝都物語」「ゴジラvsビオランテ」「あした」「風の歌が聴きたい」「告別」「らくだ銀座」「新しい風」「理由」「おくりびと」、ドラマ「風と雲と虹と」「高校教師」「羅刹の家」「牡丹と薔薇」などがある。趣味のトライアスロンでは、平成12〜17年宮古島トライアスロンで5回完走している。著書に「突然ですが宮古島に行ってきます」がある。

受賞
エランドール賞(昭43年度)

没年月日
平成20年 10月11日 (2008年)

伝記
男の背中 山下 勝利 著(発行元 河出書房新社 ’99発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

峰岸 徹 (みねぎし とおる)

生年月日:1943年7月17日
昭和時代;平成時代の俳優

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android