峰島 喜代(読み)ミネシマ キヨ

20世紀日本人名事典の解説

峰島 喜代
ミネシマ キヨ

明治・大正期の実業家



生年
天保4年(1833年)

没年
大正7(1918)年12月14日

経歴
嘉永元年(1848年)峰島茂兵衛と結婚、明治9年死別。以後、遺産で東京市内外の土地およそ70余万坪を購入、地価の上昇により巨万の富を得た。尾張屋銀行を経営し、32年株式会社に改組。44年尾張屋信託会社、大正4年峰島合資会社を創立。東京府に教育費として50万円を寄付し、7年勲七等に叙され、宝冠章を授与された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android