島内松南(読み)しまうち しょうなん

美術人名辞典の解説

島内松南

日本画家。高知県生。本名腎蔵。初号は豊村、のちに寛英と号す。幼くして種田豊水花鳥画を学び、のち柳本素石に狩野派を学ぶ。明治34年上京し、橋本雅邦梶田半古に師事する。その後、文展に出品、受賞を重ね活躍。大正期には帰郷し郷土色の強い画風を描き、高知県美術展の審査員などをつとめた。昭和37年(1962)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島内松南の関連情報