コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島原鉄道

1件 の用語解説(島原鉄道の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

島原鉄道

諫早(諫早市)から島原外港(島原市)までの43・2キロを1両編成の黄色い車両で結ぶ。「島鉄」の愛称で親しまれている。1908(明治41)年に創業。かつては諫早から加津佐南島原市)まで78・5キロを運行していた。雲仙普賢岳の噴火災害や採算性の低下から、2008年に島原外港より南の35・3キロが廃止された。

(2016-03-04 朝日新聞 朝刊 長崎・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島原鉄道の関連キーワード長崎県立大学諫早国営諫早湾干拓事業諫早湾干拓開門訴訟整備新幹線着工の基本条件整備新幹線着工の基本5条件愛野時一郎諫早家崇諫早茂敬山下弘文

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

島原鉄道の関連情報