コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島尾敏雄(1917〜86)

1件 の用語解説(島尾敏雄(1917〜86)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

島尾敏雄(1917〜86)

戦後文学を代表する作家の一人。横浜市出身。九州大卒業後の44年、第18震洋隊(特攻隊)隊長として加計呂麻島に駐屯。46年、その島で出会ったミホさんと結婚。55年、心の病を患ったミホさんを療養させるため、奄美大島に移住し、名瀬市(現奄美市)の鹿児島県立図書館奄美分館の初代館長を務めた。南方の島々との関連から、日本という国をとらえ直す「琉球弧」の視点に基づき、文化評論活動を展開した。

(2008-03-27 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島尾敏雄(1917〜86)の関連キーワードハイフェッツパレストリーナマンゾーニモラン横浜市立大学金達寿代表的進藤純孝グリーグ:ホルベルク組曲/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone