コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島崎藤村と破戒

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

島崎藤村と破戒

1872年、木曽・馬籠村(現岐阜県中津川市)に生まれる。詩人として出発したが、1906年、「破戒」を自費出版し小説家に転向した。「破戒」は、被差別部落出身の小学校教師・瀬川丑松が、父の戒めを破って素性を告白するまでの苦悩を描いた作品で、自然主義文学の先駆といわれる。他の代表作に「夜明け前」など。71歳で死去。

(2013-10-23 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

島崎藤村と破戒の関連キーワード日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女モンクラランド竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android