コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島村 一郎 シマムラ イチロウ

20世紀日本人名事典の解説

島村 一郎
シマムラ イチロウ

昭和期の政治家 衆院議員。



生年
明治27(1894)年9月7日

没年
昭和52(1977)年2月1日

出生地
東京

学歴〔年〕
中央大学中退

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章〔昭和44年〕

経歴
小松川町長、東京府議、江戸川区会議長、東京市議、同都議などを経て大蔵大臣秘書官となった。昭和21年東京6区(のち10区)から衆院議員となり、連続当選12回。30年第2次鳩山一郎内閣の通産政務次官。衆院大蔵、商工、懲罰、東京オリンピック大会準備促進特別委員長を歴任。また自由党、日本民主党各政調会副会長、自民党総務、同東京湾開発特別委員長を務めた。列国議会同盟会議に議員団代表で4回出席。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

島村 一郎
シマムラ イチロウ


肩書
衆院議員

生年月日
明治27年9月7日

出生地
東京

学歴
中央大学中退

経歴
小松川町長、東京府議、江戸川区会議長、東京市議、同都議などを経て大蔵大臣秘書官となった。昭和21年東京6区(のち10区)から衆院議員となり、連続当選12回。30年第2次鳩山一郎内閣の通産政務次官。衆院大蔵、商工、懲罰、東京オリンピック大会準備促進特別委員長を歴任。また自由党、日本民主党各政調会副会長、自民党総務、同東京湾開発特別委員長を務めた。列国議会同盟会議に議員団代表で4回出席。

受賞
勲一等瑞宝章〔昭和44年〕

没年月日
昭和52年2月1日

家族
六男=島村 宜伸(衆院議員)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

島村 一郎の関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)復活(トルストイの小説)伊藤伝七(10代)デポジット制愛野 時一郎生田万の乱吉田 晴風1月10日7月22日3月18日7月26日4月18日三島中洲文学論争ケプラー地名金利

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android