島村 利正(読み)シマムラ トシマサ

20世紀日本人名事典の解説

島村 利正
シマムラ トシマサ

昭和期の小説家



生年
明治45(1912)年3月25日

没年
昭和56(1981)年11月25日

出生地
長野県上伊那郡高遠町

学歴〔年〕
正則英語学校卒

主な受賞名〔年〕
平林たい子文学賞(第4回)〔昭和51年〕「青い沼」,読売文学賞(第31回・小説賞)〔昭和54年〕「妙高の秋」

経歴
信州高遠に商家の総領息子として生まれる。文学少年で家業に興味を持てなかったことから、15歳の時に奈良の出版社・飛鳥園に入社。在住時代、志賀直哉滝井孝作に師事する。昭和16年処女作長編「高麗人」が芥川賞候補となる。32年より文筆生活に入る。第3次「素直」同人。地味で静かな作品が多く、51年短編集「青い沼」で第4回平林たい子文学賞、54年作品集「妙高の秋」で第31回読売文学賞を受賞した。ほかに「残菊抄」「奈良登大路町」「碧水館残照」「奈良飛鳥園」、「島村利正全集」(全4巻 未知谷)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android