コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島根の地域医療

1件 の用語解説(島根の地域医療の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

島根の地域医療

2010年12月末現在、県内の人口10万人あたりの医師数は、雲南圏域が最も少ない118人、次いで隠岐圏161人、大田圏176人。中山間地域、離島での医師不足が深刻だ。全国平均230人を上回るのは松江、出雲圏域のみで、県下の医師の7割が集中。地域医療を支えるため、住民団体による啓発活動や病院ボランティア活動が各地で行われている。「益田の医療を守る市民の会」「飯南町の医療を守り支援する会」などがある。

(2013-12-08 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島根の地域医療の関連キーワードにいかわ信用金庫ヘルパー不足県内の外国人県内の弁護士の偏在県内の暴力団情勢飯塚市の人口と高齢化率県内の被爆者県内の野球部員の人数県内の外国人登録者数県内の中小企業

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

島根の地域医療の関連情報