コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島根県出雲市斐川町神庭 ひかわちょうかんば

1件 の用語解説(島根県出雲市斐川町神庭の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕斐川町神庭(ひかわちょうかんば)


島根県出雲市にある地名。
指定史跡の荒神谷(こうじんだに)遺跡(紀元前2世紀から紀元1世紀、出土品の銅剣・銅鐸などは国宝)、荒神谷博物館、県指定史跡の神庭岩船山(かんばいわふねやま)古墳(5世紀頃)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島根県出雲市斐川町神庭の関連キーワード喜屋武岬島根医科大学一畑寺大泉高原出雲くにびきマラソンキララ多伎宍道湖自然館ゴビウス大社ご縁広場玉湯[町]斐川[町]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone