コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島根県大田市 おおだ〈し〉

1件 の用語解説(島根県大田市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕大田〈市〉(おおだ〈し〉)


島根県中部の市。
日本海に面する。2005年(平成17)10月、旧・大田市と邇摩(にま)郡の温泉津町、仁摩町が合併して現在の姿となる。この合併により、邇摩郡は消滅。室町時代から石見(いわみ)銀山を控えた市場町として発展。江戸時代は幕府直轄領となる。稲作・畜産が盛ん。石州瓦(せきしゅうがわら)を特産。銀山跡のある大森地区と温泉津温泉の温泉街は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定。銀山跡地は2007年石見銀山遺跡とその文化的景観としてユネスコの世界遺産に登録。海水浴場の琴ケ浜(ことがはま)は鳴き砂で知られ、仁摩サンドミュージアムには一年砂時計がある。春・秋に伝統の彼岸市が行われる。岩盤遺構の釜屋間歩(かまやまぶ)・大久保間歩がある。湯迫(ゆざこ)温泉・三瓶(さんべ)温泉が湧く。五十猛町に伝わる伝統行事五十猛(いそたけ)のグロは国の重要無形民俗文化財

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島根県大田市の関連キーワード島根富山裏日本江津珠洲浜田福井益田面する多伎[町]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

島根県大田市の関連情報