島根県安来市(読み)やすぎ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕安来〈市〉(やすぎ〈し〉)


島根県東部の市。
中海(なかうみ)に面し、鳥取県米子(よなご)市に隣接する。2004年(平成16)10月、旧・安来市と能義(のぎ)郡の広瀬町、同伯太町が合併して現在の姿となる。この合併により、能義郡は消滅。中国山地では古くから「たたら製鉄」が盛んで、江戸時代はその鋼や米の積み出し港・山陰道の宿場町として発展。母里(もり)地区は松江支藩母里藩の陣屋町、広瀬町は戦国時代には尼子(あまこ)氏が拠点として富田(とだ)城城下町、江戸時代には松江支藩広瀬藩の陣屋町。特殊鋼ヤスギハガネを中心に鉄鋼業が盛ん。稲作・畜産とナシ・花卉(かき)・茶の栽培が行われる。民謡「安来節」の発祥地。広瀬絣(がすり)と母里焼が特産品。和鋼博物館、古代出雲王陵の丘(荒島古墳群は国指定史跡)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島根県安来市の関連情報