島根県江津市(読み)ごうつ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕江津〈市〉(ごうつ〈し〉)


島根県中西部の市。
江(ごう)の川下流域に位置し、日本海に面する。2004年(平成16)10月、邑智(おおち)郡の桜江町を編入して現在の姿となる。江の川の河口港から発展。石州瓦(せきしゅうがわら)(石見(いわみ)瓦)製造の中心地。石見焼は国の伝統的工芸品に指定。ほかに電機・パルプ工場が進出。農業では稲作、ナガイモ・ゴボウの栽培のほか、養蚕・養豚が盛ん。江津市水ふれあい公園水の国がある。八戸(やと)川に多目的の八戸ダムがあり、近くには国指定名勝の千丈溪がある。有福(ありふく)温泉が湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島根県江津市の関連情報