島根県江津市(読み)ごうつ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕江津〈市〉(ごうつ〈し〉)


島根県中西部の市。
江(ごう)の川下流域に位置し、日本海に面する。2004年(平成16)10月、邑智(おおち)郡の桜江町を編入して現在の姿となる。江の川の河口港から発展。石州瓦(せきしゅうがわら)(石見(いわみ)瓦)製造の中心地。石見焼は国の伝統的工芸品に指定。ほかに電機・パルプ工場が進出。農業では稲作、ナガイモ・ゴボウの栽培のほか、養蚕・養豚が盛ん。江津市水ふれあい公園水の国がある。八戸(やと)川に多目的の八戸ダムがあり、近くには国指定名勝の千丈溪がある。有福(ありふく)温泉が湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島根県江津市の関連情報