島根県益田市(読み)ますだ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕益田〈市〉(ますだ〈し〉)


島根県西部の市。
中国山地西部から、益田川・高津川流域に位置し、北西部は日本海に面する。東部で広島県に接する。2004年11月、美濃郡の美都町、匹見町を編入して現在の姿となる。この合併により、美濃郡は消滅。中世は豪族益田氏の拠点で、近世は市場町・港町として発展。石見(いわみ)地方西部の商業の中心地で、木材・繊維工業やメロン・トマト・ブドウの栽培も盛ん。山間部では林業のほか、ユズ・ワサビ・キノコなどの栽培が行われる。漁業ではアジ・イカなどを水揚げする。西部に石見空港がある。益田氏城館跡は国の史跡に指定。柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)を祀(まつ)る柿本神社や、雪舟作の万福寺庭園(国指定史跡かつ名勝)が有名。南部にある匹見峡は西中国山地国定公園に属する景勝地。美都温泉・匹見峡温泉が湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島根県益田市の関連情報