コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島根県鹿足郡津和野町 つわの〈ちょう〉

1件 の用語解説(島根県鹿足郡津和野町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕津和野〈町〉(つわの〈ちょう〉)


島根県南西部にある町。高津川津和野川の上・中流域に位置し、西部は山口県と接する。鹿足(かのあし)郡
2005年(平成17)9月、鹿足郡の旧・津和野町と日原町が合併して現在の姿となる。青野山の麓にある亀井氏4万石の旧城下町。歴史的建造物や施設が多く、マリア聖堂、掘割のコイ、白壁の家並みなどが知られ、「山陰の小京都」と称される大観光地。森鴎外(もりおうがい)・西周(にしあまね)の出生地としても有名。農業は稲作のほか、野菜・果物・花卉(かき)の栽培が盛んで、ワサビや山菜、茶を特産する。かつては養蚕・製糸業が盛んだったが衰退。津和野城跡は国の史跡に指定。枕瀬山(まくらせやま)森林公園に隣接する日原天文台には国内最大級の反射望遠鏡が設置されている。津和野温泉が湧く。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島根県鹿足郡津和野町の関連キーワード青野山高津川津和野町津和野益田津和野温泉なごみの里日原[町]益田[市]六日市[町]柿木[村]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

島根県鹿足郡津和野町の関連情報