コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津家久(2) しまづ いえひさ

1件 の用語解説(島津家久(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津家久(2) しまづ-いえひさ

1576-1638 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)4年11月7日生まれ。島津義弘の3男。慶長の役に父とともに出陣。慶長7年(1602)徳川家康から本領をみとめられ,薩摩(さつま)鹿児島藩主島津家初代となる。14年琉球に出兵し薩摩の付属地とし,奄美(あまみ)諸島を直轄領として所領72万8700石となる。鹿児島城をきずき,領内の外城(とじょう)制を整備した。寛永15年2月23日死去。63歳。初名は忠恒(ただつね)。通称は又八郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津家久(2)の関連キーワード北畠具教式見市左衛門島津家久島津家久島津家久真珠庵鷹筑波集新科学対話式年遷宮お泊まりデイ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone