コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津家久(2) しまづ いえひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津家久(2) しまづ-いえひさ

1576-1638 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)4年11月7日生まれ。島津義弘の3男。慶長の役に父とともに出陣。慶長7年(1602)徳川家康から本領をみとめられ,薩摩(さつま)鹿児島藩主島津家初代となる。14年琉球に出兵し薩摩の付属地とし,奄美(あまみ)諸島を直轄領として所領72万8700石となる。鹿児島城をきずき,領内の外城(とじょう)制を整備した。寛永15年2月23日死去。63歳。初名は忠恒(ただつね)。通称は又八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島津家久(2)の関連キーワード天文学史(年表)ポルロ北畠具教ルドルフ2世安土桃山時代(年表)島津家久里村玄仲式見市左衛門島津家久島津家久

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android