コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津家久(2) しまづ いえひさ

1件 の用語解説(島津家久(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津家久(2) しまづ-いえひさ

1576-1638 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)4年11月7日生まれ。島津義弘の3男。慶長の役に父とともに出陣。慶長7年(1602)徳川家康から本領をみとめられ,薩摩(さつま)鹿児島藩主島津家初代となる。14年琉球に出兵し薩摩の付属地とし,奄美(あまみ)諸島を直轄領として所領72万8700石となる。鹿児島城をきずき,領内の外城(とじょう)制を整備した。寛永15年2月23日死去。63歳。初名は忠恒(ただつね)。通称は又八郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

島津家久(2)の関連キーワード宗柳里村玄仲順専正玄菅沼定仍雪林等木中山親子乗附為春斎村上吉清