コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津斉彬(1809~58)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

島津斉彬(1809~58)

51年に薩摩藩主に就くと、西欧列強によるアジア植民地化に対抗し、近代化を推し進めるための工場群「集成館事業」に取り組んだ。製鉄造船、造砲といった軍事から、紡績、ガラス、印刷などの民需関連産業の育成、電信、福祉の社会基盤の整備にも及んだ。旧集成館などを含む「九州・山口の近代化産業遺産群」は08年9月、ユネスコの世界文化遺産への推薦に向けた国内暫定リストに追加され、登録へ向けた取り組みが進んでいる。

(2009-09-23 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

島津斉彬(1809~58)の関連キーワード鹿児島県鹿児島市下荒田木村嘉平(3代)将軍継嗣問題宇宿彦右衛門日下部伊三次薩藩旧記雑録上野俊之丞児玉雄一郎池田 俊彦尚古集成館阿部正弘朝倉文夫三条実万徳川慶勝山内容堂徳川斉昭池田俊彦鎌田出雲川路高子中原猶介

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android