島田 九万字(読み)シマダ クマンジ

20世紀日本人名事典「島田 九万字」の解説

島田 九万字
シマダ クマンジ

明治〜昭和期の俳人



生年
明治9年3月4日(1876年)

没年
昭和11(1936)年3月21日

出生地
長野県下高井郡日野村

本名
島田 熊治

旧姓(旧名)
中山

経歴
長野市の印刻店主人で旧派の千曲堂左淵に俳句を学び、一時上京後、千曲堂の「長野の花」編集を手伝い作句。長野新聞の挿絵調刻師を経て印刻店を開業。新聞社で秋声派系の松田竹嶼を知り、明治41年田中美穂らと「葉月」を創刊、42年新傾向派の「ウロコ」創刊。碧梧桐系の「蝸牛」にも拠ったが、大正4年臼田亜浪の「石楠」創刊に参加。一方同年秋「山」を創刊主宰した。選集「山霊」、句集九万字句集」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android