コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島秋帆

美術人名辞典の解説

島秋帆

末の兵学者・砲術家。長崎生。名は茂敦、字は舜臣、通称を糾之丞。鉄砲を外国より購入し、その鋳造に尽力した。近代的西洋流砲術の先駆者で進取的精神の持主であった。幕府の鉄砲方手付、教授方頭取、講武所砲術師範役などを歴任。慶応2年(1866)歿、69才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

島秋帆の関連キーワード長崎県長崎市東小島町東京都文京区向丘江川太郎左衛門久松土岐太郎下曾根金三郎成田正右衛門中島名左衛門近藤長次郎アヘン戦争大槻竜之進大木藤十郎武信潤太郎高島浅五郎ゲベール銃荒木千洲恒遠醒窓池部啓太鷹見泉石大田稲香藤川三渓

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android