島 耕二(読み)シマ コウジ

20世紀日本人名事典の解説

島 耕二
シマ コウジ

昭和期の映画監督,俳優



生年
明治34(1901)年2月16日

没年
昭和61(1986)年9月10日

出生地
長崎県長崎市本紺屋町

本名
鹿児 武彦

学歴〔年〕
長崎中卒,日本俳優学校〔大正14年〕卒

主な受賞名〔年〕
モスクワ映画祭最優秀監督賞(第1回)〔昭和34年〕「いつか来た道」

経歴
大正14年京都の日活大将軍撮影所に入所。2枚目俳優としてスタートを切り、内田吐夢、溝口健二監督らの作品に出演。代表作品に「情熱の詩人啄木」「裸の町」など。昭和14年監督に転進、「風の又三郎」「次郎物語」などで監督としての力量を認められた。戦後は新東宝、大映などで「銀座カンカン娘」「十代の性典」「細雪」などを撮り、「いつか来た道」で第1回モスクワ映画祭最優秀監督賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島 耕二の関連情報