コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崩落の危険性がある地下壕

1件 の用語解説(崩落の危険性がある地下壕の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

崩落の危険性がある地下壕

国交省と自治体は98~09年度にかけ、市街地にある危険な地下壕276カ所を計約52億円かけて埋め戻すなどしてきた。だが、09年度の「特殊地下壕実態調査」では、全国の市街地などに9850カ所ある地下壕のうち、崩落などの危険があるものが、487カ所残っている。調査のたびに新たに発見される地下壕があり、全体像は明らかになっていない。危険な地下壕をめぐっては、鹿児島県鹿屋市で00年、県道が陥没して看護師の女性(当時44)が死亡する事故が発生。東京都日野市では住宅が陥没したとして住民2人が国を提訴。東京地裁立川支部は昨年11月、国に約3500万円の支払いを命じ、判決が確定している。

(2011-03-07 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崩落の危険性がある地下壕の関連キーワードパイロット自治体国交省自治体自治体広報紙への広告掲載地方債の協議制度遊具の事故口利き記録制度公立病院特例債非核平和都市宣言自治体の国際交流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone