コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵌まり・填まり・塡まり はまり

1件 の用語解説(嵌まり・填まり・塡まりの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

はまり【嵌まり・填まり・塡まり】

ぴったり合うこと。はまること。 「 -が悪い」
当てが外れること。見込み違い。 「誓紙を真受けにして、請け出さるるなら大きな-なるべし/浮世草子・禁短気」
女色におぼれること。女に迷って失敗すること。 「我物にして行くは久七が-也/浮世草子・五人女 2
相手の計略にかかること。 「これは興がる-なれども、君子二言なし/浮世草子・御前義経記」
失費。物入り。 「惜しいかなこの時大分の-多く/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone