嵐七五郎(2代)(読み)あらし しちごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐七五郎(2代) あらし-しちごろう

1733-1788 江戸時代中期の歌舞伎役者。
享保(きょうほう)18年生まれ。初代嵐七五郎の子。2代市川海老蔵(えびぞう)の門人。若衆方から敵役に転じる。宝暦8年2代七五郎を襲名。実悪を得意とし,立役(たちやく)をかね京都,大坂で活躍した。天明8年5月28日死去。56歳。初名は嵐竜蔵(初代)。前名は市川竜蔵(初代)。俳名は舎丸。屋号は京屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android