コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐喜世三郎(初代) あらし きよさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐喜世三郎(初代) あらし-きよさぶろう

?-1713 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
2代嵐三右衛門の門人八百屋お七の役を得意とし,江戸での公演の折,衣装の紋に「丸に封じ文」を使用し,それが後世のお七役の衣装の紋になった。濡事(ぬれごと)を得意として大坂,京都,江戸で活躍。喜世三郎の名は天保(てんぽう)まで5代つづくが,初代のみ有名。正徳(しょうとく)3年閏(うるう)5月15日死去。前名は花井喜代三郎。通称は嵐喜世三。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嵐喜世三郎(初代)の関連キーワードヤーノシークスペイン領ネーデルラントフリードリヒ1世(3世)ハプスブルク家バークリー(George Berkeley)ビバルディピエモンテロイズ総合年表(アメリカ)江村北海

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android