コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐徳三郎(7代) あらし とくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐徳三郎(7代) あらし-とくさぶろう

1933-2000 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者。
昭和8年12月20日生まれ。昭和31年大阪中座で初舞台。34年大阪新歌舞伎座で「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」の初菊で名題昇進。46年7代嵐徳三郎を襲名女方として活躍する。蜷川幸雄(にながわ-ゆきお)演出の「王女メディア」などにも出演。代表的舞台に「女殺油地獄」「卒塔婆小町」など。平成12年12月5日死去。66歳。香川県出身。日大卒。本名は横田一郎。初名は大谷ひと江。屋号葉村屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

嵐徳三郎(7代)の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android