嵯峨 信之(読み)サガ ノブユキ

20世紀日本人名事典の解説

嵯峨 信之
サガ ノブユキ

昭和・平成期の詩人 「詩学」編集発行人。



生年
明治35(1902)年4月18日

没年
平成9(1997)年12月28日

出生地
宮崎県都城市

本名
大草 実

別名
筆名=諏訪 沙吉

学歴〔年〕
高輪中中退

主な受賞名〔年〕
現代詩花椿賞(第4回)〔昭和61年〕「土地の名〜人間の名」,現代詩人賞(第13回)〔平成7年〕「小詩無辺」,芸術選奨文部大臣賞(第46回 平7年度)〔平成8年〕「小詩無辺」

経歴
21歳で上京し、文芸春秋社に入社。菊池寛時代の「文芸春秋」記者をはじめ雑誌編集や出版に従事する。昭和12年退社。戦後は「歴程」に参加し、また「詩学」を編集。メタフィジック抒情詩人であり、詩集に「愛と死の数え唄」「魂の中の死」「開かれる日、閉ざされる日」「土地の名〜人間の名」「小詩無辺」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

嵯峨 信之 (さが のぶゆき)

生年月日:1902年4月18日
昭和時代;平成時代の詩人
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android