川之辺一朋

美術人名辞典の解説

蒔絵師。明治13年(1880)生。名は豊三郎。幕末・明治期の蒔絵大家・一朝の孫。一朝の後を継いだ一湖の子。祖父の一朝は、金光燦爛で堅実な写生風高蒔絵を得意とした。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android