コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川之辺一朋

美術人名辞典の解説

川之辺一朋

蒔絵師。明治13年(1880)生。名は豊三郎。幕末・明治期の蒔絵の大家・一朝の孫。一朝の後を継いだ一湖の子。祖父の一朝は、金光燦爛で堅実な写生風高蒔絵を得意とした。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

川之辺一朋の関連キーワード蒔絵師

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android