コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川井立斎

美術人名辞典の解説

川井立斎

江戸後期の医者・歌人。大坂尼ヶ崎生。川井立牧の長男。本姓は橘、河井とも。名は鬯、字は伯英、通称は玄郁、号を竜潭。三宅正誼に漢学を学び、父立牧の歌集『桂山集』を上梓した。尼ヶ崎の年寄。著に『熊野紀行』等。享和3年(1803)存、生歿年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android