コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川内[村] かわうち

1件 の用語解説(川内[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かわうち【川内[村]】

福島県東部,双葉郡の村。人口3797(1995)。阿武隈高地最高峰の大滝根山(1193m)東麓,木戸川上流を占める。村域の9割は林野からなり,うち半分近くは村有林で,これは明治初期に官有地に編入された9000haに及ぶ林地を1911年行政訴訟の勝訴により村有林としたもので,かつては製炭材を産出し,村の財政を支えた。就業人口の4割弱を第1次産業が占める典型的農山村で,木戸川沿いの平均高度450mの耕地では米,高原野菜葉タバコが栽培され,畜産,酪農が増加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川内[村]の関連キーワード石城国浜通り磐城小松島棚倉馥郁双葉鈴木竜ならは半谷休閑白冨士

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone