コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川内[村] かわうち

世界大百科事典 第2版の解説

かわうち【川内[村]】

福島県東部,双葉郡の村。人口3797(1995)。阿武隈高地最高峰の大滝根山(1193m)東麓,木戸川上流を占める。村域の9割は林野からなり,うち半分近くは村有林で,これは明治初期に官有地に編入された9000haに及ぶ林地を1911年行政訴訟の勝訴により村有林としたもので,かつては製炭材を産出し,村の財政を支えた。就業人口の4割弱を第1次産業が占める典型的農山村で,木戸川沿いの平均高度450mの耕地では米,高原野菜,葉タバコが栽培され,畜産,酪農が増加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川内[村]の関連キーワード働く親と学童保育グロースグロックナー山埼玉[県]埼玉[県]ゴーシェン埼玉県オーストリアグロースグロックナー山ホーエ・タウエルン山脈ニトロメタン(データノート)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android