コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川内原発3号機増設計画

1件 の用語解説(川内原発3号機増設計画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

川内原発3号機増設計画

改良型加圧水型軽水炉で、出力は国内最大級の159万キロワット薩摩川内市議会と岩切秀雄市長、県議会、伊藤祐一郎知事が昨年、相次いで同意を表明した。当初は2014年に着工、19年12月に運転開始予定だった。だが福島第一原発の事故を受けて、伊藤知事が4月、九電側に建設に必要な手続きを保留するよう求めたため、計画はストップしている。

(2011-11-01 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川内原発3号機増設計画の関連キーワード加圧水型原子炉軽水炉重水炉沸騰水型軽水炉燃料棒出力(原子炉の)原発メーカー加圧水型炉欧州加圧水型原子炉沸騰水型炉(BWR)と加圧水型炉(PWR)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川内原発3号機増設計画の関連情報