コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川口の鋳物業

1件 の用語解説(川口の鋳物業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

川口の鋳物業

最盛期は東京五輪を3年後に控えた61年。映画「キューポラのある街」が撮影された年でもある。当時は約640社、従業員数1万7千人だったが、いまでは約140社、1500人に。生産量は70年の38万トンから07年は12万トンに減った。原材料の高騰も深刻で、3年前は1トン6万円だった銑鉄が9万円前後、コークスは昨年暮れの同7万円台が10万円台に。2年前は同3万8千円だった鉄スクラップは、最近は低価格で推移しているが一時は9万円台になった。高度経済成長後の石油ショック、円高による受注減、バブル景気の崩壊。幾多の荒波を乗り越えて、いまがある。

(2008-11-05 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川口の鋳物業の関連キーワード最盛期二陣東京五輪八甲田山雪中行軍呉海軍工廠ワールドグランプリ東京五輪招致小野清子田畑政治松沢一鶴

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone