コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川喜多夏蔭

美術人名辞典の解説

川喜多夏蔭

国学者、通称十二代久太夫、川喜多四郎兵衛政和の二男、宗家を継ぐ、天明7年に宣長門に、享和元年春庭門に入る、画は幾坂烟屋の門にて学、著書に『夏蔭和歌集』がある。文化13年(1816)歿、53才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone