コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川喜多夏蔭

美術人名辞典の解説

川喜多夏蔭

国学者、通称十二代久太夫、川喜多四郎兵衛政和の二男、宗家を継ぐ、天明7年に宣長門に、享和元年春庭門に入る、画は幾坂烟屋の門にて学、著書に『夏蔭和歌集』がある。文化13年(1816)歿、53才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android