川島 雄三(読み)カワシマ ユウゾウ

  • 川島 雄三 (かわしま ゆうぞう)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の映画監督



生年
大正7(1918)年2月4日

没年
昭和38(1963)年6月11日

出生地
青森県下北郡田名部町(現・むつ市)

学歴〔年〕
明治大学文学部〔昭和13年〕卒

経歴
昭和13年松竹大船撮影所に助監督として入社。19年織田作之助の「還って来た男」で監督デビュー。21年2作目の「ニコニコ大会・追ひつ追はれつ」では戦後キス・シーン第1号を撮影。「オオ!市民諸君」や「東京マダムと大阪夫人」などを作り、ナンセンスと風刺喜劇で才能を発揮。29年の「真実一路」「昨日と明日」で注目され、30年日活に移って織田の「わが町」(31年)、芝木好子の「洲崎パラダイス・赤信号」(31年)など風俗物を手がけ、時代劇「幕末太陽伝」(32年)で名声を上げた。このあと東宝系で「貸間あり」「夜の肌」、大映で「女は二度生まれる」「の寺」「しとやかな獣」などを発表。生涯作品51本。奇行や女性遍歴でも有名。平成2年映画殿堂入り。著書に「花に嵐の映画もあるぞ」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1918年2月4日
昭和時代の映画監督
1963年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川島 雄三の関連情報