川島 四郎(読み)カワシマ シロウ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の栄養食糧研究家 食糧産業研究所所長;桜美林大学名誉教授。



生年
明治28(1895)年2月8日

没年
昭和61(1986)年12月3日

出生地
京都

学歴〔年〕
陸軍経理学校卒,東京帝国大学農学部農芸化学科〔昭和5年〕卒

学位〔年〕
農学博士

主な受賞名〔年〕
勲三等旭日中綬章〔昭和13年〕,日本農学賞〔昭和17年〕,陸軍技術有功章〔昭和18年〕

経歴
京都・東本願寺で庶務的な仕事をする内陣係の家に生まれる。13歳の時、「豆腐百珍」という料理の本を筆写したのがきっかけで、食べ物に関心をもつようになる。35歳で東大の農芸化学科を卒業して以来、終戦まで軍用食糧の研究一筋。小型乾パンをはじめ、30数種の携帯食糧を考案した。91歳まで雑誌連載をかかえ、講演のため全国を飛び回って活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android