川島 忠之助(読み)カワシマ チュウノスケ

  • 川島 忠之助 (かわしま ちゅうのすけ)

20世紀日本人名事典の解説

明治期の翻訳家,銀行家



生年
嘉永6年5月3日(1853年)

没年
昭和13(1938)年7月14日

出身地
江戸・本所

経歴
横須賀製鉄所の伝習生としてフランス語を修め、富岡製糸場通訳を勤める。のち横浜のオランダ八番館の番頭になり、明治9年ヨーロッパへ蚕印紙売込みの使節団の通訳として渡欧、帰国後、正金銀行副支配人となり、ボンベイ支店長、東京支店長などの要職歴任、銀行家として活躍した。一方でジュール・ヴェルヌの「八十日間世界一周」を翻訳、フランス文学をフランス語原書から訳出した本邦最初のものとして日本読書界に大きな波紋を投げかける。他にヴェルニー「虚無党退治奇談」などを刊行

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1853年5月3日
明治時代の翻訳家;銀行家
1938年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android