川島 武宜(読み)カワシマ タケヨシ

  • 川島 武宜 (かわしま たけよし)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の民法学者,法社会学者,弁護士 東京大学名誉教授。



生年
明治42(1909)年10月17日

没年
平成4(1992)年5月21日

出生地
岐阜県岐阜市

旧姓(旧名)
高木

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部法律学科〔昭和7年〕

学位〔年〕
法学博士

主な受賞名〔年〕
毎日出版文化賞〔昭和23年〕,勲二等瑞宝章〔昭和55年〕,文化功労者〔平成3年〕

経歴
昭和9年東大助教授、20年教授に就任。45年定年退官後、弁護士を開業。この間、22年日本法社会学会の設立に尽力、のち理事長を務め、ほかに日本私法学会理事長、法制審議会民法部会委員などを歴任した。著書に「日本社会の家族的構成」「民法解釈学の諸問題」「所有権法の理論」「法社会学における法の存在構造」「科学としての法律学」、「法社会学講座」(全10巻 編著)、「川島武宜著作集」(全11巻)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1909年10月17日
昭和時代の民法学者;法社会学者;弁護士。東京大学教授
1992年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android