川島 義之(読み)カワシマ ヨシユキ

  • 川島 義之 (かわしま よしゆき)

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の陸軍大将 陸相。



生年
明治11(1878)年5月25日

没年
昭和20(1945)年9月8日

出生地
愛媛県

学歴〔年〕
陸士(10期)〔明治31年〕卒,陸大〔明治41年〕卒

経歴
歩兵第22連隊付となり、日露戦争に後備第11旅団副官として従軍戦傷を負った。陸大卒業後の明治43年ドイツに渡り、大正2年ドイツ大使館付武官補佐官、帰国後教育総監部、参謀本部課長、教育総監部第2、第1課長、近衛歩兵第1旅団長、12年作戦資材整備会議幹事長、15年人事局長、昭和4年第19師団長、5年第3師団長、7年教育総監部本部長、朝鮮軍司令官、9年大将、軍事参議官、10年陸軍大臣となった。皇道派統制派対立の中、中立的立場に立っていたが、11年の2.26事件では調停者として処理が遅れ事件終結後予備役となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説


肩書
陸相

生年月日
明治11年5月25日

出生地
愛媛県

学歴
陸士(10期)〔明治31年〕卒 陸大〔明治41年〕卒

経歴
歩兵第22連隊付となり、日露戦争に後備第11旅団副官として従軍、戦傷を負った。陸大卒業後の明治43年ドイツに渡り、大正2年ドイツ大使館付武官補佐官、帰国後教育総監部、参謀本部課長、教育総監部第2、第1課長、近衛歩兵第1旅団長、12年作戦資材整備会議幹事長、15年人事局長、昭和4年第19師団長、5年第3師団長、7年教育総監部本部長、朝鮮軍司令官、9年大将、軍事参議官、10年陸軍大臣となった。皇道派、統制派の対立の中、中立的立場に立っていたが、11年の2.26事件では調停者として処理が遅れ事件終結後予備役となった。

没年月日
昭和20年9月8日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1878年5月25日
明治時代-昭和時代の陸軍軍人。大将
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android