川床・河床(読み)かわどこ

  • かわどこ かは‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「かわとこ」とも)
① 川の水底の面。また、河原など土手の内側の地帯をもいう。河床(かしょう)
※禁令考‐前集・第六・巻五九・寛保三年(1743)七月「淀川筋普請之儀に付御書付 〈略〉何れの川も年数重り候程宜敷は成不申、少宛も川床は埋り申事に候」
② 納涼のため、河原に張り出して設けた、さじき状の席。かわゆか。《季・夏》
※浮世草子・好色産毛(1695頃)三「川床数をならべて、四条の涼み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android