川村 ハル(読み)カワムラ ハル

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の女性 海軍軍人・川村純義の妻。



生年
弘化2年(1845年)

没年
昭和5(1930)年5月27日

出生地
薩摩国(鹿児島県)

旧姓(旧名)
椎原

経歴
薩摩藩士椎原家に生まれ、長じて同藩出身の川村純義(のち宮中顧問官・海軍大将・伯爵)に嫁ぐ。明治34年夫が皇孫・裕仁親王(のちの昭和天皇)の養育主任を命ぜられ、雍仁親王(のちの秩父宮)とともに自宅に預かり、その里親として養育に努めた。この時、彼女は両親王を甘やかさず、困難に耐え得る人物を育成するために厳しい躾を施したと言われている。37年夫の死によって養育の役目を解かれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android